マイナンバー制度開始に伴う お知らせとお願い

2016年1月からマイナンバー制度が始まります。

マイナンバー(個人番号)は、国や地方公共団体などで、社会保障、税、災害対策の3つの分野のうち、法律や自治体の条例で定められた行政手続で利用されます。
2015年10月以降、住民票を持つ国民一人ひとりに12桁のマイナンバーを記載した「通知カード」と「個人番号カード」の申請書が、各市区町村より通知されます。
このマイナンバーはとても重要な番号です。通知カードが手元に届きましたら、重要に保管し、紛失したり破棄などしたりしないようにご注意ください。

注意点とお願い

当社で就業されている方、これから就業される方は下記事項にご留意ください。

マイナンバー導入に伴う確認事項

  • 2015年10月以降、各市町村より住民票に登録されている住所に世帯分、世帯主宛にまとめて簡易書留で送られてきます。現在、お住まいの住所と住民票の住所が同じかを確認いただき、確実に受け取れるようにしてください。
    ※住民票と異なる住所にお住いの場合は特に注意が必要です。
  • 紛失、破棄、き損などが無いように住居人全員で最新の注意を払ってください。
  • 外国籍の方も住民票がある中長期在留者の方や特別永住者などの外国人の方は対象となります。
  • 個人番号カード(希望者のみ交付)は、通知カード(自身のマイナンバーが記載してあるカード)とともに送付される申請書を郵送するなどして、2016年1月以降、交付を受けることができます。(個人番号カードの交付を受ける際は、原則として、ご本人が市区町村の窓口に出向いていただき、本人確認を行う必要があります)。 住基カードに代わって交付されるもので、マイナンバーと顔写真が記載してあり、身分証明書として利用できるカードです。

当社でご就業される際は、旭化成アミダスにマイナンバーをご提示いただく必要があります。

マイナンバーは、当社が行う社会保険や税務処理(健康保険・厚生年金・雇用保険の手続き、源泉徴収税の納付、確定申告などの税の手続き、源泉徴収票の発行など)で利用する必要があり、社会保険や税の決められた書類にマイナンバーを記載することは法令で定められた義務になっています。

  1. 当社で就業されるスタッフの方には、ご本人やご家族のマイナンバーを旭化成アミダスにご提示いただくことになりますので、ご準備ください。
    合わせてご本人確認のために写真付の身分証明書(運転免許証、パスポート、在留カードなど)が必要となりますので、ご準備をお願いします。
  2. マイナンバーの提示は、当社の指定するしかるべき方法で2015年10月以降にご連絡いただきます。具体的な方法につきましては、ご案内を送付させていただきますので、詳細は案内をご確認ください。

最新の情報については下記、HP(外部リンク)等でご確認いただきますようお願いいたします。

  • 現在、お住まいの住所と住民票の住所が異なる場合には、住民票の移動手続きを行っていただくか、2015年8月24日~9月25日までに各市町村に申請を行えば、住民票の住所以外でマイナンバーを受け取ることができます。

    詳細外部リンク
    ■政府公報オンラインHP
    http://www.gov-online.go.jp/tokusyu/mynumber/index.html

  • マイナンバーは社会・労働保険の諸手続き、確定申告などの税の手続き、お給与の支払いを受けるためなどに提示記載を求められることになる大切なものです。行政手続きにおける添付書類が削減されるなどのメリットがありますが、一方で、不正に利用され被害を受けるおそれもありますので、行政手続きや会社に必要な提示等を行う場合以外では、絶対に他人に教えないようにしましょう。