組織力向上研修 (室内体験学習)

旭化成アミダスの専任講師を派遣する企業内研修です。掲載内容を基本としてカスタマイズいたします。まずは気軽にお問合せください。

コースのねらい

  • コミュニケーションとチームワークの重要性を理解する。
  • 自分自身の思考・行動特性を把握する。
  • チームワークに大切なルールと関わり方を体得する。

こんな方におすすめ

どなたでも

コースの特長

この研修によって、次のような効果が期待できます。

  • 人格の成長 
    自分を守ろうとする無意識の心の壁を突破する (自己開示)
  • チームワーク、コミュニケーション、リーダーシップ
    お互いをサポートしあう信頼関係を基礎としたチームワークに大切な、ルールと関わり方を体験を通して学習することで、意識・行動変容を促す
  • 問題解決
    問題は何か、どのように整理し課題を解決するか? (多様性の受容)メンバーが意思決定に100%参加したか? 
  • 目標設定  
    どのように目標設定が行われると動機づけとして有効に作用するのかを体験を通して学習します。(目標意識の醸成)
  • 柔軟な状況対応 
    ムリと思われる課題へも、柔軟に発想し、行動することで解決することができることを体験します。(先入観、固定概念への気づき)

学習内容

アイスブレイク(IB) ~メンバーを知る・緊張を和らげる
アクティビティ名 期待効果、表出する様相、学び・気づきのポイント 内容
impulse 参加者全員の顔が見えるようにし、一体感を醸成する。 円の体系となり、同じ動き(手拍子など)を連続して、素早く行う。
Catch 一体感を醸成する。最低限の身体接触を体験し、他者と関わることへの安心感を醸成する。 片手は人差し指を出し、片手は手のひらを上に向ける。「キャッチ」のキーワードで隣の人の指をつかみ自分は逃げる。指示された形から、自分の主体的な参画へと変化させる。
ディインヒピタイザー(DI) ~自己開示によりエラー回復
アクティビティ名 期待効果、表出する様相、学び・気づきのポイント 内容
ジャンケンガンマン 交流を活性化する。安心感の醸成。 7.11ガンマン
10人以上での実施
2人ペア、3人、4人と人数を増やしつつ、お題の合計数『7』『11』に合うように競い合う
Category 数名のメンバーとの共通点を探し、共有することで心の距離感を縮め安心感を醸成する。 目に見えない共通点、価値観、趣味嗜好のキーワードに該当する者で素早くグループをつくる。
空中パズル 多様性を受容(身体特性、能力)、協創 4~5名一組にパズルを与え、空中上で正方形を完成させる
コミュニケーション(CM) ~人との効果的な関わり方、表現の仕方、意見を主張することで他者との話しを理解
アクティビティ名 期待効果、表出する様相、学び・気づきのポイント 内容
ZOOM 他者との関わり方、先入観へ、固定概念への気づき 全体でひとつの法則性を持つ絵を各自が持つ。法則性を言語表現を使わずに完成させる。
Who am I? コミュニケーションの法則を検証する。協創活動。意識と非言語化メッセージの重要性を確認。 背中に付けた言語を、他者へ質問をすることで、導きだす。
Stand Up チームワーク、協力、多様性受容 二人組で向かい合わせに座り、手をつなぎ、同時に立ち上がる。2人組みから4人組、8人組~。最終的に全員で課題に挑戦する。
イニシアティブ(IN) ~人との関わり方により問題解決する
アクティビティ名 期待効果、表出する様相、学び・気づきのポイント 内容
Blind Square チームの活動における、ゴール、プロセスの共有、実効することの受容性を学ぶ 全員で目隠しをした状態で、床に置かれた1本のロープを探しだし、制限時間内に正方形を作る。
Group Juggling チームの成長のステップ、ゴール、リカバリーの重要性、健全な競争意識と取組みを学ぶ。 4~5人のグループに分かれ、ボールなどを決められた順番で素早く落とさずに廻す。
トラスト(TR) ~一体感の醸成
アクティビティ名 期待効果、表出する様相、学び・気づきのポイント 内容
Trust Dive チームメンバーに身体をゆだねる体験をし、個人とチームメンバーの信頼感を醸成する。 走ってくるチームメンバーを、他のメンバー全員で受け止める。