個人組織の特性分析「LIFO」

旭化成アミダスの専任講師を派遣する企業内研修です。掲載内容を基本としてカスタマイズいたします。まずは気軽にお問合せください。

コースのねらい

アセスメントツールである『LIFO』を活用して、コミュニケーションを戦略的に考えるヒントをご提供します。

*『LIFO』とは~世界40ヶ国以上で広く利用される行動科学に基づいて開発された自己診断ツールです。

こんな方におすすめ

どなたでも

『LIFOプログラム』のコンセプト

人間は皆、大別すると4つのコミュニケーションスタイルを持っているが、これまでの経験や学習により、各スタイルの“好み”が出来上がっている。 自分の好みのスタイル/苦手なスタイルを認識し、各スタイルをうまくマネジメントして、他者へより効果的に関わる方法を知る。

  1. 4つのコミュニケーションスタイルについて
    『LIFOプログラム』のコンセプト 4つのコミュニケーションスタイルについて

    LIFOは人間のコミュニケーションスタイルを以下の4つに分類します。そして、自分の平常時・ストレス時における“好みのスタイル”と“苦手なスタイル”とをサーベイを通じて認識します。

  2. 各スタイルのマネジメントについて
    『LIFOプログラム』のコンセプト 各スタイルのマネジメントについて

    4つのスタイルをマネジメントし、他者へより効果的に関わる為に、以下の4つのステップでアプローチする方法を理解します。

    STEP1.確認:
    平常時・ストレス時における自分の好みのスタイルや強みを正しく理解する。
    STEP2.緩和:
    自分の好みのスタイルや強みを過剰使用しないように気をつける。
    STEP3.拡張:
    自分の苦手なスタイルの強みを意識的に使用する。
    STEP4.応用:
    相手の好むスタイルを知り、相手にあわせたコミュニケーションをとる練習を行う。

スケジュール(例)

半日コース

 
  • 【Work.0】イントロダクション
    戦略的コミュニケーション~相手に行動を起こさせ、共に目標を達成するコミュニケーション
  • 【Work.1】自分のコミュニケーションスタイルを知る
    LIFOサーベイを通して、自分のコミュニケーションスタイルの特徴をつかむ
  • 【Work.2】4つのコミュニケーションスタイルをマネジメントする
    自分のコミュニケーションスタイルをマネジメントする方法とパフォーマンスアップのヒント
休憩
 
  • 【Work.3】重要な相手のコミュニケーションスタイルを見分ける
    相手のコミュニケーションスタイルを見分ける方法と最適なアプローチを検討する
  • 【Work.4】戦略的なコミュニケーションで、相手に行動を起こさせる
    重要な相手に影響を与え、行動を起こさせるコミュニケーションをとるためのヒント
  • 【Work.ex】戦略的コミュニケーションに取組む前に大切なこと
    人に行動を起させる時に、まずあなたが取組まなければならないこと